2019-10-12

株式会社ツカダ / 関の工場参観日・工場紹介

 

 

さてさて、関の工場参観日については前回の記事でちょっとわかりかけてきたでしょうか・・・?

 

工場参観日、ちょっと気になってきたけど、、、

実際工場ってどんな雰囲気なの?

何を作ってるかも知らないけど、行ってもいいのかな?

楽しみ方ってどんな感じ?

そんな風に思ってる方、ぜひこの記事をご一読ください♪

 

工場参観日が始まる前に、かかみがはら暮らし委員会のメンバーやスタンドカメラ部のメンバーで、実際の工場を見学させてもらいました!

その様子をレポートしますね。

ぜひ参考にしてみてください〜!

 

 

昨年の事前見学レポートはこちら

(気になる工場やお店があればチェック!)

「濃飛西濃運輸」−「関SA」−「キッチングラート」

→「関牛乳」−「フェザーミュージアム」

「(株)杉山製作所」 – 「義春刃物(株)」

「カフェ・ド・ギャラリーアダチ」 – 「協同印刷(株)」

 

 


 

 

オリジナル商品がクラファンでバズった、話題のプレス加工工場!

【株式会社ツカダ】

 

さて、一つ目は「プレス加工」の工場、ツカダさんの紹介です。

 

 

ツカダさんの工場は、まず田んぼが広がる山の麓にあります。

風が気持ちいい〜〜〜!

関市って、程よく田舎(褒めてますよ)で、工場も工場地帯みたいな場所ではなく、山の麓や田畑の中や、緑がいっぱいの中にあったりするんです。

工場見学に来たはずなのに、一瞬ピクニック気分になってしまったのは内緒。

 

 

 

工場の中の事務所を通って、早速見学させていただきます!

 

 

 

説明を聞く間もなく、工場らしい機械音が響き渡り、階段を上るとすぐに視界に工場全体の風景が広がります。

みんなで「わぁ〜!」とか言いながら、パシャパシャ写真を。

そう、工場って、こういう全体を見渡せるところを見るとなんだかすごくワクワクします。

いろんな場所でいろんな作業をやっていて、いろんな機械があって、、、

普段は見たことのない景色だから、興奮するんですよね。

後からこの場所も、紹介しますよ!

 

 

 

 

まずはみんなで、スタッフさんからツカダさんの工場の紹介や、何を作っているかなどを紹介してもらいます。

 

ツカダさんはプレス加工工場。

プレス加工ってなんとなく「鉄板か何かを機械で押して、形を抜き取る加工なんだろうな?」くらいしか想像がつかなくて、だからそれって、結局どんな形でどんな製品になっているんだろう?と思いますよね。

まずはそれをここでじっくり教えてもらいます。

 

スタッフさんが楽しいし、難しい話ではなく製造過程も興味深くて、あっという間に時間が過ぎますよ。

(実際、楽し過ぎて、聞きたいことがあり過ぎて、やばい!工場見学する時間なくなる!と、慌てて切り上げました。笑)

 

 

 

こちらはプレス機で抜くための金型。

包丁の形をしていますね!

包丁って、まずこうやって、鉄板を型抜きするところから始まるんですよ。

 

ツカダさんでは、プレス機と金型を使って、金属の抜き加工を専門にしています。

特徴は、

①金型から自社生産していること

②鉄やアルミだけでなく新素材の精密プレス加工もできること

 

工場見学にいくつか行かせてもらって知ったのですが、一つの製品を0から完成品まで作るところはほとんどなく、基本は全て分業になっています。

包丁一つを取っても、鉄板を仕入れ、型を作り、プレス加工し、磨いて、柄の部分を取り付けて、パッケージに入れて・・・など工程別にいくつもの工場を経由して完成します。

それが、ツカダさんでは型作り(金型)とプレス加工を自社でやれるので、とてもスピーディで試作も作りやすくコストも低くできる。

とても効率の良い方法で作られているんです。

 

 

 

また、鉄板だけでなくCFRPなど精密プレス機でないと加工できない新素材などの加工も手がけています。

包丁や工作機械の部品のためのプレス加工だけでなく、新しい技術を使って航空機産業などにも参入されているとのこと。

プレス加工って、素材や技術によっていろんな場所で使われてるんですね。

すごい・・・・!

 

 

工場に入ってみると、早速抜いたもの(製品になるもの)と、抜きカス(残りカス)が目に入ってきます。

 

こちらは製品になっていくもの。

いろんな形のものがたくさんあって楽しいです。

この段階では何に使うのかさっぱりわかりませんが・・・・

ぜひスタッフさんに聞いてみてください!

 

 

 

こちらは抜きカス。

本来いらないもの、なんだけどなんだかかっこよく見えませんか?

抜きカスがかっこいい!面白い!と思う人は世の中に結構たくさんいるみたいで(私だけじゃない!)、欲しい人に差し上げたり販売したりすることもあるそう。

DIYなどで使ったり、ハンドメイドで作品作りをする方もいるみたいです。

楽しいですね・・・!

 

 

 

 

スタッフさんのお話を聞きながら、実際に作業している風景も見られます。

黙々と丁寧に作業し続ける職人さんたち。

 

 

 

工場ってかつては3K(きつい、汚い、危険)なんて呼ばれることもあり、就職先として選ばれにくい、または親の世代から「危ないからやめたほうが・・・」なんてことも言われることもあるそうです。

でも、ツカダさんでは、きちんと整理整頓を心がけ、美しく状態を保ち、安全に作業できるよう改善し続ける工夫があります。

 

特にプレス加工工場では、型抜きの際に手を入れてしまい指を切断するような事故が起こりやすい。

それを絶対に阻止できるよう、両手を離さないと起動しない機械や、顔を近づけると自動で止まるセンサーなど、様々な工夫が取られています。

 

 

 

操作し続ける人、型を抜く人、仕上げをする人、、、

そこにはいろんな方がそれぞれの役割を持って、一つの製品作りに向かっています。

その背中を見ていると、ああ、こういった方達のおかげで、包丁やハサミなど身近な製品が素晴らしい完成度で仕上がり、安全に私たちも使えるんだな・・・と、自然に感謝の気持ちも湧いてきます。

ものづくりって本当にすごい。

 

 

 

たくさんの大型の機械は見てるだけでもかっこいいです。

鉄板を型抜きする・・・というとなんとなく大きな鉄のペラっとした板を思い浮かべていましたが・・・実際はこんな風にロール状になった薄い鉄板を加工するんですよ。

これも、見ると思いがけない感じでびっくりします!

 

 

 

ふと外を見ると、のどかな田園風景。

「そんなに面白いかな〜?」とスタッフさんに言われましたが、少し薄暗くて機械音が響く工場の向こうは自然がいっぱい広がっている、そのコントラストも魅力だな〜と思いました。

工場の中が、気持ちいい。

 

 

 

そんな、ツカダさんの工場見学はスライドでも楽しめて、工場も見応えあり、そして自然いっぱいの周りの景色も気持ちいい、素敵な場所でした。

 

さらに!

工場参観日でツカダさんへ行くと・・・実はお得な情報もあるんです。

 

私たちが手に持っているものそれは・・・・

 

key-Quest(キークエスト)

 

これ、知ってる方いるかも!(私は気になっていました)

実は、ツカダさんではオリジナル商品も作っています。

こちらは、栓抜き、缶切り、ダンボール切り、、、など、何通りもの使い方ができるキー型の便利ツールです。

クラウドファンディングで700万円以上もの支援を集めた、超話題のアイテム、こちらをなんと関の工場で作っていたなんて〜!

 

こちらと・・・・

 

 

 

KEEP SMART

 

薄〜〜〜〜い名刺入れです。

こちらも、ツカダさんのオリジナル商品で、名刺を2〜3枚お財布に入れておきたい時くしゃくしゃにならないようにできる優れものアイテム。

めちゃくちゃ薄くて綺麗です。

 

これもクラウドファンディングで800万円以上の支援のあった人気アイテム。

クラファンをやっている頃かなり話題になっていて、私も気になっていました〜!

まさかここで作っていたとは〜!

 

 

工場に行くとこの2点が、なんと通常よりお得に買えちゃうみたいです。

欲しかった方は朗報です!

 

 

これらのオリジナル商品、実は社長の気まぐれな発想?から生まれたのだとか。

社長「アマゾンのダンボール箱もっとシャシャッと開けたいで、なんかそういう便利なやつ作れへんか?」

社長「ちょっと出かけた時にチャチャっと名刺出したいで、1〜2枚だけ入れとけるくちゃくちゃにならんやつ欲しいんやけど〜〜〜?」

(口調は妄想です)

 

スタッフさんはその社長の言葉から、試行錯誤し、キークエストとキープスマートを製品化にこぎつけたそう。

使いたい!という人がいて、その人が本当に欲しいものを作るって、熱量が違いますもんね。

面白くて発想豊かな社長も、魅力的な会社です。

(次はどんなオリジナル商品ができるのかも期待です・・・!)

 

また、こちらの製品は工場参観日のインフォメーション会場「アピセ関」のSSS(関セレクトストア)のコーナーでも販売予定です。

ツカダさんでは、工場見学のほかワークショップも予定があるそうなので、ぜひチェックしてみて下さいね。

 

 

ツカダさん、楽しい工場見学させていただきありがとうございました!

さて、次は「中洲電気株式会社」さんの紹介です。

お楽しみに。

 


 

また、写真は全て「STANDカメラ部」のみなさんに撮影してもらいました!

かかみがはら暮らし委員会の活動で、いつも大活躍のみなさんです。

工場かっこいい!と思えるような、写真を中心にした記事も書きたいなと思っています。

それもお楽しみに^^

 

 

(文:オゼキカナコ

(写真:STANDカメラ部

 

 


 

工場参観、ワークショップのご予約は関の工場参観日公式サイトから。

10/17予約開始予定!

 

株式会社ツカダ

工場参観日workshop

大人のメタル貼り絵を楽しもう!!

プレスの抜きカスには星の様な形などいろいろな形が有り、その抜きカスを下絵に張り付けて金属の質感を生かした切り絵の様なアート作品を作っていただけます。
※お子さま連れも可

■工場参観 ◎ 1回10人まで(事前予約)
■work shop ◎ 参加費無料

〒501-3265 関市小瀬554-1

http://www.t-k-d.co.jp/

 


 

 

関の工場参観日

11/14~11/16開催

関市内を中心とした工場見学、ワークショップなどの体験、マルシェやトークイベントなど盛りだくさんの工場を楽しむイベントです。

詳しくはこちら→「関の工場参観日」で、工場を楽しもう!

 

関連記事