岐阜県各務原市 学びの森の中に佇むカフェ KAKAMIGAHARA STAND【かかみがはら暮らし編集室レポ】

かかみがはら暮らし編集室による、暮らし委員会の拠点となる場所活動を紹介する企画、その名も「編集室レポ」。不定期連載になりますが、「暮らし委員会といえばココは押さえるべき!」ところをWEBに記録として残していきます。今までありそうでなかったですよね!初回は、メンバーの憩いの場「KAKAMIGAHARA STAND」です!

学びの森に佇む、開放的なカフェ

各務原市役所のそばにある“学びの森”。その広大な敷地に佇むのは、かかみがはら暮らし委員会が運営している「KAKAMIGAHARA STAND」。開放感のあるカフェで、ゆったり蒸しぱんやドリンク、オリジナルスイーツなどを楽しめます。蒸しぱんは定番のプレーンから季節限定のフレーバーまで、なんと100種類以上!日替わりで10種類ほどが並びます。ほっと一息つきながら、打ち合わせや勉強、読書など思い思いの時間を過ごすことができます。

展示・イベントスペースとしての空間

KAKAMIGAHARA STANDはカフェとしてだけではなく、暮らし委員会メンバーが主催する展示やイベントの会場としても活躍しています。ポップアップショップや写真・イラスト展はもちろん、時にはヨガ体験やおにぎり居酒屋など個性的なイベントが開催されることも。

まちの交流会「寄り合い」

毎月第一水曜日に暮らし委員会メンバーが開催している「寄り合い」。年齢、性別、職業の違う多様な人たちが集まり、つながり、新しいことが生まれてきたイベントです。その時集まった人たちのトークテーマによって成り立っているので、毎回違うカラーの交流が楽しめます。この寄り合いの会場にもなっているKAKAMIGAHARA STANDは、まちを楽しむ全ての人たちの大切な場所でもあります。

みんなで作ろう!ライブクッキング

秋の繁忙期を除き、定期開催される「ライブクッキング」。KAKAMIGAHARA STANDのスタッフにより、蒸しぱんミックス粉を使ったアレンジメニューをYoutubeでリアルタイム配信しています。(再生リストはこちら→『蒸祭』蒸しぱんライブクッキング – YouTube

蒸しぱんミックス粉はオンラインショップでも購入できるので、ぜひ配信を見ながら、お家で一緒に作ってみて下さいね。(オンラインショップはこちら→KAKAMIGAHARA STAND (thebase.in)

「KAKAMIGAHARA STANDは公園とセットなので、お天気のいい日はテイクアウトしてピクニックを楽しむのもおすすめです」と話してくれたのはスタッフスミレさん。季節によって姿を変える景色を眺めながら、おいしい蒸しぱんやドリンクを楽しむ時間が最高なのだそう。また、学びの森が一番盛り上がるのは、11月中旬以降。いちょうの葉が落ちて黄金の絨毯が敷き詰められた風景は、まるで映画のワンシーンのようです。

「スタッフも、お客様と会話するのがとても楽しい。KAKAMIGAHARA STANDを好きになってくれるお客様が増えて、そこから人の輪が広がっていったら嬉しいです。」

カフェとしてだけではなく、イベント・展示スペースとして、交流の場として、情報発信の拠点として…多くの人に愛され、多くの楽しみ方を提供してくれるKAKAMIGAHARA STAND。これからも訪れた人を楽しませ、たくさんの笑顔を見守ってくれる大切な場所です。


KAKAMIGAHARA STAND

住所:岐阜県各務原市那加雲雀町10-4

営業日時:11:00~17:00

定休日:木曜日

HP: https://kakamigaharastand.com/

Instagram:@kakamigahara_stand_new

The following two tabs change content below.
渡辺 知里

渡辺 知里

かかみがはら暮らし編集室所属。時々絵も描いています。学びの森を散歩するのが日課。信仰・お祭り・音楽・食べ物など、世界各地の文化について知るのが好きです。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【イベント】1/21~1/31 meguru -low waste shop- Gifu POPUP STORE in KAKAMIGAHARA STAND

  2. 《イベント》12/24(土) 【クリスマスの温度計】学びの森/KAKAMIGAHARA PARK BRIDGE

  3. 岐阜県各務原市 学びの森の中に佇むカフェ KAKAMIGAHARA STAND【かかみがはら暮らし編集室レポ】

  1. 《寄り合い》11/28(日)開催!【寄り合い特別編〜古民家で焚き火とやきいも〜】

  2. 6/2(Wed)開催!in KAKAMIGAHARA STAND Vol.50 [前回レポートも合わせて]

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP